上記見出しにカーソルを合わせて、クリックしていただければ、ページが替わります。

                      

                       

 

    辻 海雄 義男

(重度混合性難聴)    

                                                     1959年11月5日・徳島

 

  昭和53年 徳島県立名西高等学校彫刻科卒業 

   在学中、学生として、県展などに出品し、入選や特選を受ける  

 

  高校卒業後、美術の勉強の為、上京、

  

  昭和56年現代美術家協会展会友推挙

     全国紙少女漫画の雑誌のイラストレーター募集で、一位、

 

 以降、昭和62年まで、店舗の壁画、イラストなどを描いていました。               

 

  昭和62年より、南部白雲工房に師事、修業期間5年間まで、展覧会にも出品

 

  平成3年 富山勤労者美術展彫刻部門市長賞、

  平成4年 砺波東ライオンズクラブより、表彰状を頂く

       令和元年 木彫フォークアートオオヤ展入選

 

             得意は、人物もので、表情豊かに表現することを心に置いています。

                                           思いを形に!

 

               ご意見・お問合せ  TEL・FAX           0763-82-3539   

                                                                                  携帯           090-3766-6813

 

                                                            辻 海雄   メールアドレス           ulatoh70@yahoo.co.jp

                   

    

 

                                       

 黒柿の、コースターで、「笹船によするメダカ」「どんぐりと、ドジョウの出会い」
          ★井波彫刻会館に展示していただきました
材木は、黒柿の板を、小川に見立て、浮かぶ笹船、檜、神代欅などの、
各種の貴重な銘木で、メダカたちも象嵌です。
メダカに学校のテーマ。
同じく、どんぐりコロコロを、テーマにした黒柿の、コースターです。
木がこれまでで、2個で一セットとします。
もし、購入希望の方がいらっしゃれば、ファックスや、電話を、くださいませ。
すべて高級銘木の象嵌ですので、価格応相談です
ご注文や、写真資料提供も、応じていますので、ご連絡くださいませ。
                                   
                                            2020、11月10日辻 海雄記

おひな様

親が、子の未来を強く信じ、念ずる証のようなもの‥

木曽檜で、仏像と同じ技法にて

百円ショップで、子供の工作用石粘土を見つけたので、

仕事の合間に、研究兼息抜きをしました。

 

昭和天皇とも

聖徳太子とも

 

 

 

月に星に

 

ずいぶん前のペンイラストが出てきた。

 

イラストレーター時代のもので

 

彼女のモデルで制作をしたものです

 

イラスト時代、ものすごく不安夢を見ていて

 

一人で不安夢が怖くて

 

きれいなガールフレンドと

 

暮らしていた時がありました


住職様像

 私の父親代わりであり、木彫刻師を勧めて下さった恩師、そして、四国八十八カ所十四番常楽寺の住職様の肖像。

   

 木曽ヒノキによる寄せ木造となっていますが、伝統的な仏師の技法を使用しています。

   

   生前に遺言として依頼されていたもので 2004年制作となります。

 住職様肖像彫刻制作状況

 

1尺3寸山桜による天神様

下の天神様は、当時の服装に近い服装を、京都服飾博物館で聞き、制作したものです。個人蔵

欅の八寸天神様

    欅の八寸天神様ですが、綺麗な輪を幾つも出す技法もあります。

   欅と言う名は、目立つ、素晴らしい、見事と言った意味の「けやけし」と言う古語からきているそうです。

   彫る側からいえば、木自体もさることながら、その木目は「わ」でありながら強く美しく、潔い

              大和の人々にとって、それ自体に意味があると思います

 

 

学問の神様、理知と広い心、

失意のうちに没した様な人物ではない

  その証拠に、今も神となって

   人の心の支えとなられています。

 

 

     菅公=天神様

      (国産山桜一尺三寸)

★富山県や北陸地方では、初孫の健やかな成長

を祈って、12月25日から初天神の1月25日まで床の間などに、前飾りに雪洞、鯛のほか、三方に昆布鏡餅、干し柿などを飾ります。

 

これは、木彫り天神様として富山のお客様のご注文で制作させていただいたものです

                      日本の小川

            

     小さいときに暮らしていた村に、綺麗な小川が流れていて、日本独特の穏やかで秩序正しい時間が流

     れていました。

                   春になると、オイカワが群れで上がってくる、夏は、穴釣りで、子供でも一時間で五・六匹立派なウナ

     ギが釣れました。

     田植え後の田には、鮒の子が物凄く沢山発生して、メダカの群れどころではありませんでした。

     増えすぎた鮒の子は、夜は田に昇ってきたうなぎ、昼は白鷺の恰好の餌になりますが、それでも減る感

     じはなくて、小川に落ちるか、水が干上がったころに大量に乾いて肥やしになってしまいます。

     今、振り返れば、地と天と水と光と、人と見えないものと・・・全てが一体となった自然界の輪廻の

     様なものが、秩序正しく回っていたのかもしれないと思います。

 

 

     

 

                辻 海雄の好きに考えた夢であってみたい魚のイラスト                                 

                     ・・銀河を泳ぐ魚・・

 

浅草、浅草寺の、仕事中の親方、南部白雲工房が、北日本テレビで、放送されました。

2020年10月18日AM11時45分・NETZ Another Story モノズクリのその先へと言う番組でした。

 

 今回は、私も職人として、出させてくださる事になりました。

私は、耳が聞こえないので、いつものように、映像の端に、職人の一人として、映るだけだと思い、いつものように、仕事をしていればいいのだと思っていましたが、ほんの一言、セリフがありました。

仕事をしている映像は、大丈夫だったように思いますが、セリフに関しては、かなりビビりながら、しゃべっています。

 

井波では若手の、秀才職人も、テレビに出た時に、思いのほか、ちゃちなことを言っていたのを、批判したことがありましたが、私のは、その数倍ちゃちになり、友達と雑談するようなわけにはいかないこと、思い知りました。

 

しかし、親方は、高倉健氏の最後の映画、「あなたへ」や、「釣りバカ13」などを筆頭に、沢山のテレビ、映画に出演経験が豊富なためか、親方の、落ち着きと、ベテラン有名アナウンサーの、有名人オーラ、人の話を引き出す凄い聞き上手な力と、プロのテレビマンの方たちに、リスペクトを、覚えながら、感動の経験でした。

 

 自分も、ますます精進していきたいと、思いました。

 

                   2020年10月18日辻 海雄記